農福連携進捗


farm koganeyama × 作業所きらり 

ピーマンの農福連携〜実績報告〜


前年度比 収穫量は154%UP 売上は227%UPへ

2023年7月から11月まで行われた
タカタアグリコンソーシアムのファーム小金山さんと
就労継続支援B型事業所の作業所きらりさんの農福連携の実績がまとまりましたので報告致します。
上記期間にピーマンの収穫と規格選別を農福連携した結果
・7月 + 657kg
・8月 + 576kg
・9月 + 274kg
・10月 平年並み
・11月 + 94kg
合計して約1.5トンもの収量UPに繋がりました。
収量UPの他、ピーマンの作業を任せられることで
小金山さんも大和ルージュ(赤いとうもろこし)や生姜の作業にも従事することができました。
▶️株式会社大和農園 日本初赤いスイートコーン 大和ルージュ

ファーム小金山さんからは
・完全にきらりさんを当てにして生産計画が組める連携だった。
・昨年は選別でナイター残業ばかりでしたが、今シーズンはほとんどなく過ごせた。
・来季はユニット数をもっと頼みたい。みなさんが効率よく作業できるように
・選別機を増やしてみなさんが取り組みやすい動線や流れなど工夫したい
・休憩スペースも配慮したい。
とたくさん前向きなお声をいただきました。

作業所きらりさんとはピーマンの連携のその後も
・大和ルージュのひげ茶加工
・ドライキウイフルーツの加工
などの連携にも広がっています。

2024年も始まったばかりですが
春や雨季、初夏の農場風景がとても待ち遠しく感じます。
来る時を待ちつつ
今年も一次産業をお支えします!!
(とはいえ去年のような暑さはもういいです!!笑)

ドローンも賑わうピーマン畑
わんぱく者発見

(文:鈴木 拓)


関連記事 今日もどこかで農福連携ピーマン畑シリーズ
▶️「今日もどこかで農福連携11」
▶️「今日もどこかで農福連携12」
▶️「今日もどこかで農福連携13」
▶️「今日もどこかで農福連携15」
▶️「今日もどこかで農福連携16」
▶️「今日もどこかで農福連携17」
▶️「今日もどこかで農福連携18」

- 作業日数 59日間
- 総作業時間 175.5時間
- 参加延べ人数 340名(1日平均4.2名の参加)
- 障がいのある方の参加 15名
- 委託費合計 297,050円
- 生産収穫量 4,472kg(ピーマン)

一覧

ページのトップへ戻る